神秘や不思議さに目を見張る感性を忘れていないか

世界の分断により、
喧騒から離れてゆっくりと過ごす日々。

日本で唯一花粉の飛んでいない地域が沖縄なので、
毎年この時期になると沖縄で過ごすのが
ここ10年ほどのライフスタイル。

今年も例年通り家族みんなで
沖縄を訪れゆっくりと過ごしていた。

沖縄で過ごした後は東京に飛んで
バースデーをイタリア人たちに
お祝いしてもらうお誘いをもらっていたのだけど、、、
こんな状況なので今回は中止に。

東京行きも無くなったので、
僕たちは予定を変更し、
沖縄本島から
石垣島、八重山諸島にまで足を伸ばす。

大自然の中により深く踏み込んで、
世間の姦しさから距離をとって過ごした。

静寂はとても贅沢な時間だと思えるのは
疫病のおかげだろうか。

シーカヤックでマングローブの中を探検したり、
ジャングルの中のホテルを拠点に散策したり、
ビーチから星空を眺めてみたり。

大自然の中でセンス・オブ・ワンダーを思い出すと、
生命の神秘に息づく、地球の美しさに気づく。

40の節目に出会った贈り物は
とても偶然とは思えない
生命の神秘や尊さを
改めて感じさせてくれた。

世界で蔓延する疫病は
失われた感性に対する
警鐘かもしれない。

そんなことを感じさせる
バースデープレゼントだった。

バースデープレゼントのストーリーは
こちらのLINEのタイムラインに書いたので
LINEアカウントからどうぞ。

今日は最後にレイチェルカーソンの言葉を、、、

今、私たちは岐路に立たされている。私たちはずっと高速道路を走ってきた。快適でスピード感に酔うこともできた。しかし、行き着く先は破滅。もう一つの道は、人はあまり行かないが、この道を行く時にこそ、自分たちが住んでいるこの地球の安全と生命を守ることができるのだ。

幼少期より私が影響を受けた人たちから学んだことは「成長」と「挑戦」です。自己研鑽しチャレンジし続ける。その姿を通じて次世代を担う若者達、 同世代のリーダー達と役割を発見し、希望をもたらすことが自分の使命だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA